日本のエネルギー自給率は僅か8.3%(平成28年)であり、日本におけるエネルギー自給率の向上はかねてからの大きな課題です。
また、地球環境保全と持続可能な社会に向けた取り組みの必要性の観点からCO₂削減が喫緊の課題となっています。
近年、気候変動による異常気象が多発し大きな被害が数多く発生しています。
化石燃料による発電からの脱却が地球規模の課題であり、近年の原子力発電にかかる様々な考え方から、将来を担うエネルギーは自然エネルギー、中でも、 風力発電 、太陽光発電であると考えております。

PRパートナーズが目指しているものは、長期にわたり安定的に発電可能な品質の高い発電設備を適正価格で作り、風力発電・太陽光発電の普及に貢献し、電気を通じて人が住みやすく安全な社会を築くことです。
「エネルギーで世界を変える」をモットーに、地球環境に優しく、再生可能な風力発電・太陽光発電にかかる事業を推進していきます。

WINPRO
環境を感じて...そして思う
今 私たちにできること
To Save The Earth
産業革命以来、人類は多くの化石燃料を消費してきました。
また現代そして未来に向かっても、さらに多くの化石燃料を消費しようとしています。
数億年の時をかけて地球が育んで来た貴重な資源を、我々はわずか数百年で
使いつくそうとしているのです。
現代文明における「豊かなる生活」は、人類に等しく与えられた権利ですが、
化石燃料をはじめとする様々な資源に支えられていることを忘れてはなりません。