太陽光発電所向けのフェンス

太陽光発電所を守るために

太陽光パネルは非常に高価です。
そのうえ、ほかの住宅や建造物への転用が容易にできてしまうため、盗難のターゲットとなりやすいといったリスクがあります。
そのような盗難の被害から太陽光発電所を守るために、防犯用フェンスやセンサーの設置などの対策は欠かせません。太陽光発電用防犯フェンスへの関心は年々高まっており、当社では防犯フェンスの販売・施工を行っております。

太陽光発電所にフェンスが必要な3つの理由

理由その1フェンスの設置が法律で定められている

「電力設備技術基準の解釈の38条」では、50kW以上の太陽光発電所において、人が立ち入る可能性がある場所では、構内への立ち入り防止のため、柵や塀を設けるように規定されています。
ただし、現在は全ての発電所にフェンス設置が義務付けられています。

理由その2防犯リスクを軽減できる

太陽光発電所を運営していく中で、大きなリスクとなるのが火災・落雷・イタズラ・盗難の4つです。この4大リスクのうち、とくににイタズラや盗難といった、人の侵入によって被害を受けるものについて、フェンスの設置によって抑止力を生むことができるのです。

理由その3保険に加入するため

火災や落雷などは、フェンスでは防ぎきれないもの。そこで重要になってくるのが、きちんと火災保険に加入しておくことです。この保険加入の際に重要になるのがフェンスの設置。フェンスの高さや防犯カメラの有無などを問われこともあり、フェンスの設置が必要なのです。盗難などの犯行が起こりやすい場所とは

  • 侵入しやすい
  • 逃走しやすい
  • 犯行が短時間で行える
  • 外部から犯行が見えない

上記のような場所は、比較的盗難などの犯行が起こりやすい場所といわれています。比較的郊外などにあり、人の目が届きにくい太陽光発電所なども、このような条件に合致する部分が多くあり、しっかりとした防犯対策を行っておく必要があります。

利便性と防犯性を考慮した太陽光発電所向けフェンス

太陽光発電所向けの防犯フェンスの門扉は、開閉機能と防犯機能の両立のため、さまざまな工夫が凝らしてあります。

  • 観音開きで、内側開きも兼用可能
  • 取り外し不可能な溶接施錠
  • よじ登り・侵入困難な形状

太陽光発電所向けのフェンス 実績

明和町発電所1

明和町発電所2